若ハゲで悩む学生さんへ

若ハゲで一番悩むのは学生時代だと僕は思う。

 

周りはふさふさだし、異性の目も気になる年頃だし。リア充っぽいやつが近くにいると

「なんで俺だけ。。」って暗い気持ちになってくる。

実際僕はそうだった。周りの目を気にして、何も手がつかない日々をすごしてきた。

 

だから、学生さんに言いたいのは、何か夢中になれることを見つけろ、ということだ。

それができなかったことを僕は後悔している。後悔しても始まらないのは知ってるし、今更過去を振り返って落ち込んでも仕方ないんだけど。

 

夢中になれるものがひとつでもあれば、髪を気にする時間も減る。仲間もできる。

気を紛らわす、ってことではないけれども。今後それが武器になってくる。

 

さまざまな生き方が認められる時代になってきたけど、まだまだ学生卒業と同時に

企業に就職するってのが大多数の流れは変わらない。(稼げる手段とかあれば別だけどね。。)

そんな中、学生時代に何も挑戦せず、1人閉じこもってるのはリスクでしかない。

何も生み出さない。何も得ることができない。

 

でも分かる。若ハゲは死ぬほどつらい。ほんと人生詰んだって思う瞬間なんて何度もある。

ただ諦めたら駄目だ。だまされたら駄目だ。

 

諦めて死ぬとか考えたら駄目だ。

しょうもない育毛トニックとか、育毛シャンプーとかにだまされたら駄目だ。

派手な広告をうたってるページの高い商品なんて絶対使っても意味ない。

 

僕は輸入ドラッグで始めたけど、みんなAGA専門の病院に行ったらいい。

1人抱えてた悩みをお医者さんにさらけ出すだけでもだいぶ救われると思う。

 

今後、医療技術はもっと発展してくると思うし、薄毛治療もさまざまものが出てくると思う。

だから、みんなで諦めずに頑張って生きていけたらいいな、と僕は思っている。