諦めて受け入れろ!の思想を簡単に受け入れるな(ハゲに関していうとね)

ハゲ辛し。

 

学生さんとか特にそうじゃないかな。

いけてるキャンパスライフを送ってるやつらを尻目に、自分がどう見られてるかばかりが気になって、学業も遊びも思い切れない。

 

「〇〇してみたいなー、だけど、ハゲ見られるの嫌だしなー」

 

何かをしない理由に、ハゲという自分の特徴をすぐ引っ張り出してしまう。

 

自分はいつもこの思考のループで、学生時代特に、思ったように生きれなかった。

開き直れなかった。

 

今はすぐ検索できる時代。

この悩みを解決する思考術に関していろいろ見たけれども、結局は

 

「気にするな」

 

ってのが最強みたい。

 

しかし、俺は

 

「いや、無理。気にするし。」

 

って結局こうなった。

 

自分の欠点や短所を受け入れて、開き直って、自己開示すると楽になるな!っとは本当にそう思う。

 

しかし、ことハゲに関していうと、

学生さん達。悟りを開くのはちょっとまて、

 

やったか?ぜんぶやったか?

 

この現代は薄毛専門の病院もあるんだぜ?

 

薬もあるんだぜ?

 

治したり、マシにすることもできるんだぜ?

 

どうか1人塞ぎ込んで、悩み、心を壊す前に

 

できることやってこーよ!

 

フィンペシア飲め!コスパ的にもいいから。

 

1ヶ月くらい経って効果ないと思ったら、

その時は、

 

二錠飲め‼︎

 

実際それで俺はだいぶマシになった。

 

自分の欠点を受け入れるってのは確かに重要だ。しかし、なんとかなる方法もかなりあって、改善される可能性があるなら、そっちに全力注いだほうがよくないか?

 

社会人になったら、ある程度学生時代よりかは開き直れる。仕事をしてたらハゲなんて武器になることもある。

 

色々調べて、髪を延命してやれ。

そうすると時期に

 

周りもハゲてくる。

 

仲間ができる!笑

 

そうなるとしめたもんじゃ(何が。笑)

 

ただ一点。

このネット社会。嘘の情報もたくさんある!

髪にいい食べ物だとか。食生活についてだとか。

 

ほとんどあてにならん!髪の栄養にならん!

見極めるのは難しい。

まあ自分で検証していくしかないけどね。

 

自分も維持はしてるが、他人からみたらかなりのデコッパチであるし、水に濡れりゃ薄毛人(うすげびと)まるだしだ。

 

ただ、学生時代よりは悩んでいないのは確かだ。

薄毛に悩んでいる学生さんは、まずフィンペシアを飲んでみて欲しい。

 

俺は始めたぞ!19歳の時に。

 

また今度自分の薄毛キャンパスライフについて書いてみたいと思う。

 

以上!また!